ふぐ の 身欠き に自信。下関のふぐを全国にお届けします。【福一商店】ウェブサイトです。

取扱品紹介 - 福一商店 │ 山口県 下関市 から 新鮮なとらふぐを全国にお届け

取扱品紹介

身欠きふく皮や骨・ヒレと残った部分も捨てるところがない「ふく」。
身欠きふぐを購入して、ふくのフルコースはいかがでしょうか。

 

下関では「ふぐ」のことを「福」と同じ発音で縁起が良いということで、「ふく」と呼んでいます。天然のとらふくの漁獲量は大変少なく、全国で市場に出回っている2割程度のみです。残りの8割は養殖や輸入物のふくです。

ふくの身は繊維質で弾力がかなり強い白身魚です。高たんぱく低脂肪、低カロリーとして、健康に良いとされています。また、ふくのたんぱく質の中にはゼラチン質(女性に人気のコラーゲン)がたくさんはいっているので、美容効果も抜群です。

おいしく食べれる時期は、10月~3月のお彼岸の頃までになります。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 福一商店 は「活きいき馬関街」へ出店しております。福一商店 は「活きいき馬関街」へ出店しております。 祝日週末は、唐戸市場にて「活きいき馬関街」へ出店しております。 ふぐの握りを始め、港に上がった新鮮な魚のにぎりやどんぶりを楽しめる「 […]
  • 毒を持つには理由がある ?毒を持つには理由がある ? 実は、ふくが毒を蓄えるようになった理由はまだよく分かっていません。体内にためた毒を使って餌をとっているとか、敵から襲われないようにするため […]
  • 2000年前から食されている「ふく」2000年前から食されている「ふく」 日本では、縄文時代の貝塚からふくの骨が見つかっていたり、2000年前の中国の地理書”山海経”には「ふぐを食べると死ぬ」との記載もあり、ふく […]
  • 関門海峡のランドマーク〜海響ゆめタワー〜関門海峡のランドマーク〜海響ゆめタワー〜 関門海峡は、山口県下関市と福岡県北九州市を隔てる海峡です。馬関の「関=カン」と、門司の「門=もん」を取り名付けられました。海峡の狭さ、潮流 […]
  • ふくの取り扱いふくの取り扱い ふくを捌くには、各都道府県が定めた『河豚調理師』の資格が必要となります。この資格を取得するには、2年間の実務経験と資格試験に合格することが […]
PAGE TOP